<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

野と花ライブに出店します。
桜の開花が楽しみな今の季節に大好きな森のテラスで行われる" 野と花 "のライブに出店させていただくことになりました。


3月29日(土) 仙川 森のテラス
☆ 出演:野と花

" 野と花 "
・野口明生(ピアノ、イーリアンパイプ、フルート)
・トシバウロン(バウロン)
・中藤有花(フィドル、コンサーティーナ)

☆出店:カメリヤニコティー、麦の子ども

☆ Open 13時 / Start 13時30分

☆ Charge:予約 2500円 /当日 3000円(お茶付き)



今回は春らしいパンや桜の時期にあわせたパンやおやつも作る予定です。
よろしくお願い致します。
おくらフェスタ出店します
3月17日、今年もやってきました!千葉の香取にある酒蔵「寺田本家」で行われる蔵開き、オクラフェスタにcamellianicoteaさんと一緒に今年も参加させて頂きます!

今年は酒粕カンパーニュ、きび食パン、よもぎあんぱん等の定番商品や発酵焼き菓子の他に、新商品おやきシリーズが仲間入り!お味はふき味噌、きんぴら、なすみそを予定しています。
桜が薫るパンやお菓子も販売予定です。

camellianicoteaさんの花粉症ブレンドと天然酵母のよい菌をとって花粉症を撃退しましょう。


ぷくぷく発酵させて皆様のご来場を心よりお待ちしております。

今年はエコロジー仕様でなるべく紙袋での販売しようと考えております。
ご来場の際はマイ箸、マイバック等を持参されますとみんなHAPPYなイベントになるかと思います。


今から楽しみです!
こまめ市に出展します
 すっかり季節も移り変わり、すごしやすい季節になりました。

毎年、参加させていただいている地元のイベント『こまめ市』に今年も参加させていただきます。
ただいま、かばん製作の真っ最中です。ちくちくとんとん。

今年は初の試み、フェルトでつくるお花のヘアゴムのワークショップを行います。
どきどきしてます。

お時間ありましたらぜひ遊びにいらしてくださいね。

http://komameichi.comae.net
かばんが新聞に載りました
びっくり驚くことがありました。

かばんが新聞に載ったのです。
実家もお世話になっている読売新聞です。

以前、かばんを買って下さった小林すすむさんという方の記事です。

スコーンと抜けたなにかを持った笑顔の素敵な明るい方です。
訃報を聞いたときは心が締め付けられる想いでした。今も涙が出てしまいます。

奥様から台本を入れたり、ご愛用くださっている話を聞いていましたので、ありがたやといつも感謝しっぱなしでした。新聞の写真で久しぶりにみたかばんは、大切にでもよく使ってくださったのが写真から読み取れました。
自分が作ったものの中に使っている方の新しい気持ちが入り込んでいるのを感じ、物を作っていてよかったと心から思った瞬間でした。





北欧の匠にて

ヴァルスタさん
東京銀座に北欧の匠というお店があります。
数週間前にたまたま散歩で通りすがりましてお店にひかれて入りました。
あまりの楽しさに居座る事2時間。ご主人からは言い表せない素敵な時間を与えて頂きました。
明るく面白く博学な方で無知の私と同じ目線でお話くださるご主人、柔らかいお顔をなさる優しく笑顔の素敵な奥様、誠実そうな息子さんが営まれているあたたかいお店です。

一階はスウェーデンのEkelund社の製品や、フィンランドの伝統的マグカップkuksaや、デンマークでデザインされ日本で作られたカバンや、楽しい形の靴や、アクセサリー、雑貨等が並び、まるで北欧のお土産やさんにきたような気分楽しい気分になります。

二階は北欧の古い道具が所狭しと並んでいます。中には百年以上前のものも棚に並んでいるのです。
”モノ”は誰かが考え、作り、売られ、使われる。その過程には物語があるかと思います。
古いもので海外となるとその物語がどこかで引き継がれなくなり、ただの飾りとして売られているものも見られる様に思います。しかしここに置いてあるものは、長い時間を経た今もきちんと道具として全く問題なく使えるものが多いのです。何代も使うようにデザインも技術も込められて作られた道具達をご家族が心を込めて扱っていらっしゃいます。

三階はギャラリー”祥”。
私が今回来店した理由は、今日6/13から23日までおこなわれているから『北欧の作家たち展』を見に来たためです。DMのタルリーサ・ヴァルスタ(Taruliisa Warsta)さんの作品を拝見したく足を運びました。作品が目に入った瞬間、その世界観に飲み込まれてしまいました。
自然と涙が溢れそうになります。なんとも表現のし難い美しい色、木々や蔦や自然、人や動物の表情がなんて優しく柔かいのでしょう。
画商の岩間さんの受け売りですが、作品はシルクスクリーンで各色の版を作り、和紙の上に15〜20版色を重ね、その上に筆を落としてゆくという気の遠くなるような繊細な作業を繰り返し作品を完成させるそうです。そのため、作品は年間に3〜5作品しかできず、できる枚数も各作品20〜50枚程度しかないそうです。特にその中の一枚に見せられてしまいました。その作品から目が離せませんでした。

宝物に出会えた瞬間でした。

きんくまブローチ
130507_062758.jpg 森の市でご一緒させて頂いたピッコリアニマーリの早瀬川環さんから心あたたまる宝物を頂きました。 私の愛するハムちゃん、マルちゃんブローチです マルちゃんは少し前にお星さまになってしまった仔でおっとりしてて優しくて愛しいキンクマハムスターなのです。 頂いた瞬間、嬉しすぎて涙出そうになっちゃった。あまりの嬉しさにびっくりしてその場ではキャーキャーとしかいえまへんでした。 ありがとう! 一生の宝物です。 ありがとうございました!
森の市を終えて
 仙川にある森のテラスで行われた”森の市”を無事終える事ができました。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました!
お陰様でパンもカバンも喜んで頂く事ができ、幸せな気持ちでいっぱいです。

こられた方のお顔を見ると笑顔だったり、まったりされていたように感じました。
木立に囲まれた森のテラスのあの空間が優しい雰囲気を生むのですね。
イベントのはじまる前は、天候なども含めていろいろどきどきしていたのですが、うまくいく事ができました。
出店者の皆様、運営側のみんなに、森のテラスのオーナーの山田先生に感謝の気持ちでいっぱいです!本当にありがとうございます。


森の市
ゴールデンウィークに素敵なイベントに出店します。
企画から関わらせて頂きました。私の大好きな場所で大好きな方達とイベントができるなんて感動です。素晴らしいの一言です。
私は3日は小麦酵母パンと焼き菓子、4日はカバンと小物で出店させて頂きます。


 http://blog.goo.ne.jp/moritera-t/e/00297cd3617d8b73eb49643f5d011103



「森の市」
日時:2013年5月3日(金)4日(土)11:00〜16:00
場所:森のテラス 東京都調布市若葉町1-32-13

5月3日(金)
●出店
ki-to-te (木の小物と器たち) 
kubomi (こども服・アクセサリー・帽子) 
ピッコリアニマーリ はやせがわたまき (動物刺繍の布小物)
麦の子ども (天然酵母パンと酵母菓子)
●音楽(14:00-投げ銭ライブ)
アーティスト: 森のテラスでアイリッシュ
内野貴文(Uilleann Pipes)大渕愛子(Fiddle)下田理(Guitar)

5月4日(土)
●出店
神定記代美 ( 天然素材の布かばん) 
Jarrive!!【 ジャリーヴ】 (フランス菓子) 
ナカキョウ工房 ( 刺繍と革のアクセサリー) 
+nicori+ ( 手作り石けん) 
●音楽(14:00-投げ銭ライブ)
アーティスト: 木村恵太郎

3日(金)+4日(土)
●出店
竹村良訓( 陶器) 
ミチクサクーシャ( おはなしともの) 
八朔ゴムはん+ 森のテラス(スタンプ体験)
→八朔さん作の森のテラスオリジナルスタンプを押してバッグやカードを作ります。
●カフェ:納々屋+ 森のテラス
仙川の自然食品店、納々屋さんの素材と秋田 森のテラスで穫れた食材を使った
料理が並びます。穫れたての山菜や無農薬のお米をぜひ味わってみてください。
→「 Camellia Nico Tea」のブレンドティー、
ごはん屋ヒバリ」の季節の瓶詰めも並びます!


納々屋のオーナー、木村さんが中心になってくださり、仙川周辺の地図を作ってくださいました。チラシとともに配布しております。永久保存版です。
とても素敵な仕上がりにうれし涙が出ました。感謝の気持ちでいっぱいです。
当日は、おいしい山菜を使ったおにぎりなどもでます。今から楽しみです。


お時間ありましたら木立に囲まれ癒されにいらしてくださいね。
オクラフェスタ
今年もやってきました!
千葉の香取にある酒蔵「寺田本家」で行われる蔵開き、オクラフェスタです!
どんなに花粉が飛んでようとこのお祭りだけは行きたいとおもうお祭りです。
このお祭りをステキだなぁと思うのは、地元の方と多種多様な出店者の方が入り混じっているところです。例えば地元の方の八百屋さんの隣に有機のお店があったりとなんとも面白いお祭りなのです。
みんなこのお祭りが好きなので、この日限定のお店がでているところも見所の一つ。
そしてお客様も千葉だけでなく様々な地域の方がいらっしゃいます。
なんと今年は駅から会場付近までバスが出ていました!
運営側の皆様には頭が上がりません。スタッフの皆様、本当にありがとうございました!

そして当日の記念写真を一枚ぱちり。
来年も参加出来れば嬉しいなと思います。

白い月
一緒にいると心温まる大好きな友人夫婦、ACHODIONの木村夫妻と一緒にイベントをやりました。
私達夫婦のもうひとつの顔、麦の子供での参加です。天然酵母パンの販売やごはんを出させていただきました。

ACHODIONの2人の生み出す音は、そこにある空間の空気が変わってしまうそんな素晴らしい音。すごい。
恐れ多いけど以前からなにかご一緒できたらよいなと夢に見ていました。

いや〜。夢がまたひとつ叶ってしまった!これも企画してくださった関龍太郎さんのお陰!
関さんは、ある時はご実家の神社と保育園の保父さん、ある時はDJ、ある時はイベント企画と、きっと他にもなにかをやっていると思われる本当にマルチなお方。そして神様のような慈愛に満ちた素敵なお顔の人なのです。関さんとお話していると安らぎます。

今回のテーマは白い月なので、仲良しなcameria nico teaさんに宇宙と月をイメージしたspace moon teaをこの日のために用意していただきました。黒茶に月桃をあしらったブレンドです。とても美味しいお茶なので茶葉は売らないのかと聞かれるほどの人気のお茶でした。さすがです!

たくさんの方に来ていただき、とてもよいイベントになりました。
ありがとうございました!