<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

こまめ市に出展します
 すっかり季節も移り変わり、すごしやすい季節になりました。

毎年、参加させていただいている地元のイベント『こまめ市』に今年も参加させていただきます。
ただいま、かばん製作の真っ最中です。ちくちくとんとん。

今年は初の試み、フェルトでつくるお花のヘアゴムのワークショップを行います。
どきどきしてます。

お時間ありましたらぜひ遊びにいらしてくださいね。

http://komameichi.comae.net
かばんが新聞に載りました
びっくり驚くことがありました。

かばんが新聞に載ったのです。
実家もお世話になっている読売新聞です。

以前、かばんを買って下さった小林すすむさんという方の記事です。

スコーンと抜けたなにかを持った笑顔の素敵な明るい方です。
訃報を聞いたときは心が締め付けられる想いでした。今も涙が出てしまいます。

奥様から台本を入れたり、ご愛用くださっている話を聞いていましたので、ありがたやといつも感謝しっぱなしでした。新聞の写真で久しぶりにみたかばんは、大切にでもよく使ってくださったのが写真から読み取れました。
自分が作ったものの中に使っている方の新しい気持ちが入り込んでいるのを感じ、物を作っていてよかったと心から思った瞬間でした。





手紙社様でのかばん販売
 手紙社様にかばんを販売していただきました。

神代団地のお店で、そして調布パルコで。

非常にスローペースでマイペースな私でしたのに、扱ってくださったこととても感謝しています。北島さんはじめ皆様本当にありがとうございました。

たくさんの方に使っていただけたこと、とてもうれしく思います。
親子連れで買われた方にお会いしてみたかったです。


あまりイベントにでる機会は減ってしまうかと思いますが、かばんつくり続けていければと思っています。
かばんの話
今日は私の作っているカバンについて触れてみたいと思います

私のこだわりは素材です
布は国産およびネパール産の綿や麻を、
革は国産の豚革を使っています

特にこだわっているのは”革”です
遡ること数年前、趣味で靴を作っていました
靴に革は欠かせません
革を裁断する時、革は副産物利用だという事はわかっていたのですが、「まだ若い革だ‥」とか「クロム大量に使って水質汚染してそう」とか「私、アレルギーで牛食べれないのに牛革使っている」とかいろいろ考えてしまっていたんです

そんなある日、「エコレザー」という豚革に出会いました
エコレザーとは、ある一定の基準をクリアした革のみに与えられる称号です
私の使っているものはその中でも顔料やワックスも使っていないタイプ
永い永い年月をかければ土に還ることができるそう
また豚革は組成が人間の皮膚に近く、肌さわりがよいのです
この革に出会ってからはこれ一本に絞って使っています

命を無駄なく使うため、革部分には少し傷があるものもあります
それも味という事でご了承頂いています

素材は納得のいくものを使っています
あとは腕がついていくようがんばらねばっ!
えいえいお〜!


手創り市を終えて 2月
2月20日、今年初めての手創り市に出店しました
今回もshappoさんやrokkaちゃんが出店していたし、早乙女寛さんにも会えました
笑顔の素敵な優しい人たちなのです
癒されるなぁ〜
みんなから元気をもらいました♪えへへ

当日はとても寒かったのですが、事務局の方にホッカイロ頂きました
お陰でホカホカでした
細やかな気づかいに感謝感謝です
かばんたちは気に入ってくださった方たちに無事旅立ちました。
嬉しいな♪
12月手創り市
手創り市を終えて 12月

 無事に手創り市がおわりました
雑司ヶ谷の手創り市の出店は今回で2回目でした

購入してくださった方、お手に取って頂いた方、見てくださった方、
スタッフの皆さま、鬼子母神の方々、一緒にいてくれた彼、
すべての方に感謝の気持ちでいっぱいです
心からありがとうございます

昨日も多くの新しい出会いがありました
手創り市は、様々な方とお話しすることができる貴重な場所

お客様から
「こういう風なのがほしい」「こうしたら使いやすいんじゃない?」等、
様々な意見を聞く事が出来、ありがたく思います

かばんも鳥ぽーちも気に入って下さった方のもとへお嫁にいきました
みんな、かわいがってもらってね


おやすみなさい11