<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

北欧の匠にて

ヴァルスタさん
東京銀座に北欧の匠というお店があります。
数週間前にたまたま散歩で通りすがりましてお店にひかれて入りました。
あまりの楽しさに居座る事2時間。ご主人からは言い表せない素敵な時間を与えて頂きました。
明るく面白く博学な方で無知の私と同じ目線でお話くださるご主人、柔らかいお顔をなさる優しく笑顔の素敵な奥様、誠実そうな息子さんが営まれているあたたかいお店です。

一階はスウェーデンのEkelund社の製品や、フィンランドの伝統的マグカップkuksaや、デンマークでデザインされ日本で作られたカバンや、楽しい形の靴や、アクセサリー、雑貨等が並び、まるで北欧のお土産やさんにきたような気分楽しい気分になります。

二階は北欧の古い道具が所狭しと並んでいます。中には百年以上前のものも棚に並んでいるのです。
”モノ”は誰かが考え、作り、売られ、使われる。その過程には物語があるかと思います。
古いもので海外となるとその物語がどこかで引き継がれなくなり、ただの飾りとして売られているものも見られる様に思います。しかしここに置いてあるものは、長い時間を経た今もきちんと道具として全く問題なく使えるものが多いのです。何代も使うようにデザインも技術も込められて作られた道具達をご家族が心を込めて扱っていらっしゃいます。

三階はギャラリー”祥”。
私が今回来店した理由は、今日6/13から23日までおこなわれているから『北欧の作家たち展』を見に来たためです。DMのタルリーサ・ヴァルスタ(Taruliisa Warsta)さんの作品を拝見したく足を運びました。作品が目に入った瞬間、その世界観に飲み込まれてしまいました。
自然と涙が溢れそうになります。なんとも表現のし難い美しい色、木々や蔦や自然、人や動物の表情がなんて優しく柔かいのでしょう。
画商の岩間さんの受け売りですが、作品はシルクスクリーンで各色の版を作り、和紙の上に15〜20版色を重ね、その上に筆を落としてゆくという気の遠くなるような繊細な作業を繰り返し作品を完成させるそうです。そのため、作品は年間に3〜5作品しかできず、できる枚数も各作品20〜50枚程度しかないそうです。特にその中の一枚に見せられてしまいました。その作品から目が離せませんでした。

宝物に出会えた瞬間でした。

きんくまブローチ
130507_062758.jpg 森の市でご一緒させて頂いたピッコリアニマーリの早瀬川環さんから心あたたまる宝物を頂きました。 私の愛するハムちゃん、マルちゃんブローチです マルちゃんは少し前にお星さまになってしまった仔でおっとりしてて優しくて愛しいキンクマハムスターなのです。 頂いた瞬間、嬉しすぎて涙出そうになっちゃった。あまりの嬉しさにびっくりしてその場ではキャーキャーとしかいえまへんでした。 ありがとう! 一生の宝物です。 ありがとうございました!
緑の中でお味噌つくり
冬の厳しい寒さの日々の中、この日はまるで春のようなうららかなお天気だったのです。

京王線、仙川にある私の大好きな森のテラスでお味噌つくりがあるという事でおじゃましてきましたー。

メンバーは私達夫婦が大好きなホンワカ家族と、仙川に住むやはりホンワカだいのような素敵な友人と、私達夫婦で参加しましたー。

秋田から届いた麹を塩きりし、予め煮て下さっていたお豆にまぜ混んでゆきます。
うんしょうんしょ。
おいしくなぁれおいしくなぁれとお豆をよーくつぶしてゆきます。
熱いし大変だけどこの作業が好きなんです!
出来上がり記念に猫?を作ったようです。


お家に帰ってから保存用の便に移しました。一年後に食べるのが今から楽しみです。
悲しい別れ
大好きな古道具がある。
大切に実用的に使っている家具たち。
どれも我が家で輝いている家具たち。古道具を好きになったきっかけの店、『あきすけ』で買ったものだ。
店主の安藤さん夫妻は本当に気さくで飾らなく優しくて素晴らしいお店だ。2人とも大好きな人たちです。
あきすけの商品をみるといつもキラキラしてしまう。イベントで出店していた時は頼まれてもいないのに家具の運搬を手伝ったりしたものだ。どれも輝いてみえるのだ。
冷静な判断が出来なくみんな欲しくなってしまうので、あまりお店にいかない様にしていた。

今、その事を悔やみきれないほど悔やんでいる。
店主が昨日の明け方、突然亡くなったのだ。別れがこんな形で来るなんて考えてもいなかった。涙が止まらない。
今週末、お別れに行きます。

大将が分けてくれた家具たち、永く永く大切にします。

心からご冥福をお祈り致します。



今日の一杯

ナショナルストアにて
オクトーバーフェストに参加です。
うんみゃい
はじめてのヨガ
昨日、人生はじめてのヨガを体験した。
週末に一緒にイベントをやる岸さんのヨガと河邊さんの治良をセットで受けた。
岸さんのヨガは体の皮膚、筋肉、骨、内臓など身体の中身を感じながら呼吸をし身体を緩めていくものでした。


すごいすごい!
最近の私の身体は油が足りなくてギコギコ言ってるブリキの人形みたいなかなりひどい状態だったのがだいぶ良くなりました!
骨までは届かないけど、骨の上の筋肉は伸び〜た感じ。
視界もクリアになって色が綺麗に見えるようになりました。
頭と身体のつながりが悪く考えたことが頭にたまりすぎて頭痛が起きてたのもしばらくはない気がします。
直後は小一時間踊るように身体をブンブン振っていたのでした。

いやはや、すごいなぁ〜。
今週末にもう一回このセットを受けるんだー!
ますます体が伸びますぞい。
いひひ?今から楽しみ〜



アナログとデジタル
昨日、iPhoneの修理が終わった。
スリープボタンが壊れてはや一ヶ月。
Apple銀座店に通うこと五回!
長い道のりでありました。


一回目:一ヶ月前。対応…入り口の爽やか男子。
初めて銀座店に入る。修理費を教えてもらう。バックアップをとってきてくれと言われ帰宅。

二回目:三週間前。対応…お姉さん。
一回目にきた時、「待ち時間は30〜40分くらいでしょうか?」と言われたので、予約しないで行った。
今日は予約でいっぱいらしいので、帰宅。

三回目:二週間前。1630にちゃんと事前に予約済み。3時につきそうなので予約を前倒しにしようと予約を取り直したところ、間違えて明日の予約をとってしまった!慌てて電話したが時すでに遅し。電話での変更は受け付けられず、今日はもういっぱいとのこと…。電話は無理ってアナログ人間には辛いシステムです。ショボンとしながらあえなく帰宅。

四回目:一昨日。対応…美人すぎるお姉さん。今度こそはと予約は完璧?時間通りに行ったがiPadが発売になったせいか異様に混み合っていて40分待ちやっと自分の番に。やっとこの時がきたと携帯を新品に取り替えてもらう作業を進めてくれていた。支払いはカードにしようかと財布を探したところ、さっ財布がないっっっ!お前はサザエさんかぁぁぁ〜。さっき、銀座を散歩してる時、散々お金を使いそうな場面があったのになぜか使わなかったんだよね。悲しい気持ちの中、唇を噛み締めながら帰宅。

五回目:昨日。対応…欧米の優しいお兄さん。ついにこの日が。。新品に取り替えてもらっている作業の間、五回目にしてついにiPhoneを交換できました。対応してくれたお兄さんに、この一連の話をする。
「かれこれこんな訳で今日で五回目なんですよー」といったら、なんとも爽やかな笑顔で二言。
「それは本当に大変でしたね。お疲れ様でした!」と言われてしまい、それ以上なにも言えなくなってしまいました。

アナログ人間の私でもデジタルなお店を克服できた気がして、今日はとても晴れやかな気分であります!

皆さんもiPhone修理の際は、予約とお財布には気をつけてくださいね。

今日は七夕
とても久々の更新です。
数ヶ月の間にいろいろありました。

新しい生活が始まったり、日本が悲しみに包まれたり。。
やはりうまく書き切れません。
ただひたすらに思うのは、子供たちやまだ見ぬ子孫が健康に生きられるようにしなければと。


今日は七夕。
ちょっとお空が曇っているから、2人が会えるか心配です。
みんなの願いが届きますように☆
東京の台所 築地
今日はT嬢と会食
T嬢とのご飯ならば今の時期牡蠣しかないでしょう!
ということで東京の台所”築地”に行ってきました

選んだお店は友人の勤める”魚河岸三代目 千秋”
「今年、初牡蠣〜♪」
友人からおいしい噂をたくさん聞いていたので、雨の中でもワクワク
足取り軽くお店に向かいました

先ずはお刺身の盛り合わせ
大好きな鮪の赤身に中トロ、サヨリにホウボウ、目ダイに真ダイ、寒ブリは一味と京葱でいただきます
赤身…なんて色が濃いのだろう…うっとり
中トロのおいしい事おいしい事、トロの苦手な私ですが大絶賛です
どれをとってもおいしく、甲乙つけられない味でした

次に長崎産生牡蠣
”ぷりっぷり”ってこういうときの為の表現なんだと思わせるほどのきらきらした身
こりこりとした食感の貝柱
嗚呼、なんておいしいのだろう…昔、自分が牡蠣嫌いだったなんて信じられないです

三種の骨せんべいも絶品
最後の〆は私は鮪の漬け丼を、T嬢は生牡蠣のおかわり!

料理長、おいしいご飯と幸せをありがとうございました

T譲と私の今日の2人の感想は「日本に生まれてよかった❤」でした


●築地 魚河岸三代目 千秋
http://www.3daime.jp/chiaki.htm
お気に入り破損…

 昨日は狛江にある「茶々」のマスターの結婚祝い会に参加
茶々はとってもおいしいご飯があるとっておきの場所なのです

その前に友人宅へ寄りつつ行こうという話になっていたので
服装は少し歩くことを考慮し、デニムを履いていくことに

このデニム、何を隠そう中学生の時に買ってもらったもの
当時では珍しかったであろうスキニーに近いタイプ
これだけ履いていると体の一部のように馴染みます

いつかこの時が来るのは分かっていたのですが…

家で支度最中、正座したら膝に嫌ぁな感触が
一直線の大きな亀裂が〜!!

その後、祝いの席で布繕い作家である「omoto」に
繕い方を伝授してもらいました

きれいに直せるとよいな