<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 鳥海さん出版記念イベント | main | 緑の中でお味噌つくり >>
悲しい別れ
大好きな古道具がある。
大切に実用的に使っている家具たち。
どれも我が家で輝いている家具たち。古道具を好きになったきっかけの店、『あきすけ』で買ったものだ。
店主の安藤さん夫妻は本当に気さくで飾らなく優しくて素晴らしいお店だ。2人とも大好きな人たちです。
あきすけの商品をみるといつもキラキラしてしまう。イベントで出店していた時は頼まれてもいないのに家具の運搬を手伝ったりしたものだ。どれも輝いてみえるのだ。
冷静な判断が出来なくみんな欲しくなってしまうので、あまりお店にいかない様にしていた。

今、その事を悔やみきれないほど悔やんでいる。
店主が昨日の明け方、突然亡くなったのだ。別れがこんな形で来るなんて考えてもいなかった。涙が止まらない。
今週末、お別れに行きます。

大将が分けてくれた家具たち、永く永く大切にします。

心からご冥福をお祈り致します。



スポンサーサイト
知らなかった。。

自ら命を断ったと聞きましたが本当なんでしょうか?
私は安藤君と学生のときお付き合いしていた者ですが、奥様に聞くわけにもいかず…

原因、死因などご存知のこと教えていただけないでしょうか?
甘粕玲香 | 2013/11/02 09:35
COMMENT









Trackback URL
http://kamisada.jugem.jp/trackback/24
TRACKBACK